ボージョレ・ヌーボ解禁日!どんなふうにお店を盛り上げる?

レッド
レッド

今日は2020年のボージョレ・ヌーヴォー解禁日!

毎年何かと話題になる、ボージョレ・ヌーヴォーだけど、

一体他のワインと何が違うの~?

イエロー
イエロー

ワイン好きな人にとっては、毎年楽しみな日だよね!

でも、ワイン好きじゃなくても

世の中の盛り上がりに乗って、ワイン飲みに行こう!

って人も多いはず!

そんな世の中の流れをうまくお店に取り入れるのも

お店を盛り上げるのにとっても有効だよ~!

 

ボージョレ・ヌーヴォー解禁日ってなあに?

ボージョレ・ヌーヴォーは、フランス南部ブルゴーニュ地方のボージョレ地区で

その年に収穫された「ガメイ種」というブドウから作られる新酒のことだよ。

ボージョレ地区は古代ローマ時代からブドウ作りが行われてきて

1年を通じておいしいワインが楽しめる地域なんだよ!

ボージョレ・ヌーヴォーはこの地方の秋の収穫を祝って、

祭りで捧げられたのが始まりといわれているよ!

 

ボージョレ・ヌーヴォーの解禁日は

毎年第3木曜日の午前0時と決められているよ!

2020年は11月19日(木)が解禁日!

日付変更線の関係で、日本は本場フランスよりも

8時間早く楽しむことができるんだよ!

 

ボージョレ・ヌーヴォーってどんな味?

ボージョレ・ヌーヴォーはフレッシュな果実味が持ち味。

渋みも少ないから、10~13℃に冷やして飲むのが美味しいよ!

 

豊かな果実味と柔らかい酸味で、いろいろなお料理との相性も抜群!

ワインのおつまみの定番、〈チーズ〉はもちろん

〈トマトソース〉〈たれの焼き鳥〉〈肉じゃが〉などもおすすめだよ!

 

世の中の盛り上がりをお店にとりいれよう!

ボージョレ・ヌーヴォー好きでなくても

世の中が盛り上がっていると『ワイン飲みたいなぁ』ってなったりするよね!

そんなお客様の気持ちを、お店のアイディアに取り入れるのも大事!

●新しいおつまみと一緒に提案する

●イベントを設定してみる

など、あなたのお店らしさが伝わるもので

常連さんにも、新しいお客様にも楽しんでもらうことが

お店を活気づけていくことに繋がるよ。

 

これは亀戸にあるパン屋さんの一例

樽でボージョレ・ヌーヴォーを仕入れて

お店の前で飲めるようにするんだって!

普段はパン屋さんで、ハード系のパン(カンパーニュとかバゲット)

が人気だから、簡単なパンのおつまみも用意しているみたい。

ワインをきっかけにパンのおいしさも知ってもらえると

また新たなお客様が広がる可能性があるよね!

 

普段はワインは出さないお店でも

こんな風にイベントっぽくしていると

なんだか立ち寄りたくなっちゃったりするよね!

 

タイトルとURLをコピーしました