ブラックフライデーとは?飲食店で取り入れられるアイディア

 

ブルー
ブルー

最近よく目にするブラックフライデー。

何だか世の中は盛り上がっているようだけど

一体どんな日なんでしょう?

ブラックフライデーとプレミアムフライデーは違う!

〈ブラックフライデー〉と聞いてはじめは〈プレミアムフライデー〉のことと勘違いしていましたが、いつもと期間が違うな、盛り上がりが違うなということで調べてみると・・・

 

ブラックフライデーとは、11月の第4木曜日の翌日にあたる日のこと。
2020年は11月27日(金)

始まりはアメリカで、感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日は正式の休暇日ではないが
休暇になることが多く、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日にもなっていて、買い物客が殺到して小売店が繁盛するんだそう。
アメリカの小売業界では1年で最も売り上げを見込める日とされていて、年末商戦の幕開けを告げるイベントでもあるんだって!

 

プレミアムフライデーとは、経済産業省および経済団体連合会を中心とした、経済界が提唱・推進するキャンペーン。実施は毎月末金曜日(フライデー)

普段よりも豊かな生活を推奨するとする個人消費喚起キャンペーン。
午後3時(15時)に仕事を終えることを奨励する「働き方改革」と連携し、夕方を買い物や旅行などに充てることを推奨している。

 

ブラックフライデーはアメリカからきた考え方。
プレミアムフライデーは日本が始めたキャンペーン。
だったんだね!

ブラックフライデーを活用している企業

日本での〈ブラックフライデー〉は小売業のお店が積極的に取り入れている印象。
いつもより大きい割引率でセールをしていたり、ポイント付与をしているところが多いよ。

Amazon https://www.amazon.co.jp/blackfriday

楽天 https://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/blackfriday/

イオン https://chirashi.otoku.aeonsquare.net/pc/chirashi/blackfriday/

いつもよりお得に買い物ができるので
これをきっかけにお店で必要な物品を安く購入するのも
経費削減に繋がりますね!

お店としてブラックフライデーを活用する

お店を盛り上げるアイディアの1つに〈ブラックフライデー〉を取り入れるのもいいですね!

飲食店で取り入れられるアイディアとして

当日の飲食割引

当日、いつもよりお得に飲食できることをアピールして来客を促す。
常連さんのリピートを促す、新しいお客様は初回来店のハードルが下がる

次回使えるクーポンを発行する

当日の割引ではなく、次回来店で使えるクーポンを発行する。
クーポンがあることで2回目以降の来店を促す。
クーポンに期限をつけることで利用も促される。

特別メニューを作る

その期間でしか食べれない特別メニューを作ることで、常連さんも新たな楽しみができる。
お店のおいしさを違う角度からアピールできる。

 

お店で取り入れられることもいろいろあるよ!
どんな事を取り入れるにしても、しっかりお客様にわかるように
こんなことしているよ~とアピール(宣伝)して知らせていくことが大事!
あなたのお店らしいことをぜひ取り入れてみて下さいね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました