お店の感染予防対策どうしてる?~ビュッフェスタイルのお店編~

イエロー
イエロー

自分で好きなものを取って食べる

ビュッフェって楽しいよね!

グリーン
グリーン

うんうん!

スイーツも食べ放題でうれしいな♡

でも、またコロナの感染者が広がっている中

お店はどんな対策をしているんだろう?

 

ビュッフェスタイルのお店の良さ

自分で食べたいものを取って食べるビュッフェスタイル。

その良さは

●自分の好きなものを好きなだけ食べれる

●たくさんの中から自分で選べる

●子どもも楽しめる

●たくさんの種類のお料理が楽しめる

というところではないでしょうか?

 

たくさんのお料理を常に出しておいたり

様々なお客様が自分で取りに来ることで

このご時世、お店の感染予防対策はどのようにしているのでしょうか?

共有するトングの問題

リサーチをしていると、ビュッフェ台からお料理を取る際に

〈マスク着用〉をお願いしているところがほとんど。

では、たくさんのお客様が使うトングは?

 

●1回取るごとに新しいものに交換する

●毎回使い捨て手袋を使って取ってもらう

●最初にアルコール消毒をしてもらいそのまま使う

など様々なやり方があるようです。

 

毎回トングを変えるには、大量のトングを用意しないといけないな・・・

使い捨て手袋も毎回となると大量のゴミが出てエコではないな・・・

アルコール消毒だけで果たして予防ができるのか・・・

 

それぞれ課題はありますが

お店の規模、お客様の人数によってそのお店にあったやり方がありそうです。

自分で取らないスタイル

ビュッフェだけど今までのように自分で取るスタイルではなく

小鉢のような器に入ったお料理を、店員さんがテーブルに配りに来るというやり方に変更したお店。

 

一皿目は店員さんが一通りお皿に盛りつけて持ってきてくれ、

おかわりは自分で取りに行くという流れに変えたお店。

(1回目がかなりのボリュームで、おなかがいっぱいになり、おかわりを取りに行けない・・)

というお店もありました。

 

自分で食べたいものを食べたいだけ取る、ビュッフェスタイルの良さが楽しめるかな・・・

というところも、やり方次第でしょうか。

自分のお店はどんな対策を取り入れる?

お店の規模、お客様はどんな方が来るか、毎日の来店数

などによって、お店にあったやり方を取り入れていくことが大切ですね!

もちろん、感染予防対策として用意する備品は

コロナ対策の費用として計上できます!

感染が拡大する中でも、外食を楽しみたい!という方もいるので

安心してお客様に楽しんでもらうために

あなたのお店にあった対策を取り入れていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました